Show simple item record

dc.contributor.authorWerschey, Jacob
dc.date.accessioned2016-12-22T19:45:05Z
dc.date.available2016-12-22T19:45:05Z
dc.date.created2014
dc.date.issued2014-12-01
dc.identifier.urihttp://hdl.handle.net/123456789/2120
dc.descriptionSenior Thesis written by Jacob Werschey in Japanese in 2014 called "AFFIXES AND CORRESPONDING KANJI"en
dc.description.abstract接辞は漢字のように、単語を見ると意味がなんとなく分かる。日本語を勉強している学習者には漢字に相当する接辞を覚えば、単語力が増えるだろう。そして、その漢字と接辞の関係を明らかにしたいと思う。 この研究では、さまざまな漢字の接辞を集めて比べ、それらの表現の意味と用法について分析することを目的としている。接辞として用いられる漢字に相当する英単語を集め、その中で使用頻度の高い接辞を研究対象とする。 しかし、一つの学習言語である言葉の意味によって、自分の母語ではいくつの言葉に相当するように、一つの接辞はいくつの漢字に相当する場合がある。そのため、なぜその接辞はいくつの相当するのか、相当する漢字の相違点やニュアンスを分析する。en
dc.description.sponsorshipCarthage College Modern Language Departmenten
dc.language.isojaen
dc.subjectJapanen
dc.subjectJapaneseen
dc.subjectkanjien
dc.subjectlanguageen
dc.title漢字に相当する英語の接辞en
dc.title.alternativeAFFIXES AND CORRESPONDING KANJIen
dc.typeThesisen


Files in this item

Thumbnail

This item appears in the following Collection(s)

Show simple item record